僕です。

車椅子とかソフトウェアとかコーヒーとか本とか

iPhoneがリブートを繰り返すようになった (一応解決済み)

事の発端

12/2 午前4時ごろ、目覚ましに使っているiPhon6のアラームを設定しようとしたら何故か標準のアラームアプリが起動後のスプラッシュ画面で止まり動作しない。 Siriから設定しようとしても原因不明のエラーが発生して設定できない。

以上のような状況が発生した後、端末を操作し始めてから10秒ほどでリブートを繰り返すようになってしまった。 仕方ないので、寝て起きたら直っていることを信じ代わりにGoogle Homeに起こしてもらうことにして就寝。

起床後

寝て起きても直っていなかった。私のiPhone6固有の問題かと思い、仕方ないのでiPhone6をリセットして様子を見る。

悲劇再び

その後すぐにiPhoneXでも同様の事象が発生。ということは端末issueではなさそうだ。 ということで他にも同じような人はいないか、とTwitterで "iPhone リブート" で検索してみたらやはり他にも同じことで困っている人がいる様子。

そしてワークアラウンド

まさにZaimを使っているので、以下の内容通りZaimのPush通知を切ったら直った。 標準のアラームアプリも起動できるようになった。 did2memo.net

考えたこと

Zaim限定の問題では無いようだし、特定の使い方でアラーム周りのフレームワークを導入しているときだけ発生するとか、だろうか。 とりあえず解決してよかった。

広告を非表示にする