僕です。

車椅子とかソフトウェアとかコーヒーとか本とか

バスケ観戦

毎年この時期恒例の↓ を観戦してきた。

内閣総理大臣杯争奪 第45回記念日本車椅子バスケットボール選手権大会 | JWBF

f:id:almichest:20170505183138j:plain

5/3に古巣のチームの応援、5/5に3決と決勝の観戦、それぞれのため計2回。 会場が千駄ヶ谷で家から30分ほどの場所のため、気軽に行けてとてもよい。

5/5の決勝は最後までどちらが勝つかわからないシーソーゲームでとても見応えがあり、足を運んだ甲斐があった。 (確か前回行った2年前はワンサイドゲームだった。)

結果は宮城MAXの9連覇。おめでとうございます。来年勝てば10連覇か。

今回から女子選手の参加も認められていたのだが、正直このルールだと強い女子がいるチームが圧倒的に有利だよなーと。 かと言って妥当な代替案があるわけではないのだが。

観戦していると自分でもプレイしたくなる。とは言え車が無いと競技を続けるのが難しかったりバスケ車自体もSPINERGYまで合わせると決して安いものではなかったりで経済的に結構辛いと思うんだが、車の維持費が高い東京の選手はその辺どうしてるんだろう。 バスケの練習時間を確保する必要があるだろうからそこまで長時間働くことも出来ないだろうし、バスケのために生活を切り詰めていたりするのかな。自分の場合はそこまでストイックになってまでプレイしたいとは思わないのだけれど。

広告を非表示にする